愛おしい日々〜明るいほうへ

金子みすゞさんの詩が好きです

不思議な巡り合わせで唐突に謎が解ける

違うところから、たどり着いたのは同じ答えだった。

ひとはひとりではいられないわけ。

何を求めて何に満たされるのか?

 

息子が幼かった頃、

まっすぐに私を求めてくれた愛おしさ。

何よりも満たされて愛おしい時間だった、と思う。