愛おしい日々〜明るいほうへ

金子みすゞさんの詩が好きです

映画「そして父になる」を観て

先ほどTVで視聴。故意に赤ちゃんを取り違えられていたことが6年後に発覚するという、何とも重い、過酷なお話。。

全く生きてきた環境もタイプも違う2組の親子の揺れ動く心情が福山雅治演じる父親を中心に描かれてました。

生みの親か育ての親か?
福山父は血だと主張、リリー父は子供は時間だと。難しい問題だけど。。
ただ確実に積み重ねてきた時間とともに記憶があり、愛着がうまれていくんだよね。
共に過ごした時間の中でお互いが作られていく。それはかけがえのないもの。だけどきっと、それがあたりまえの暮らしの中では気付かなくて。失くしそうになった時に気付くものかもしれないね。。

最初から泣けて泣けて。ほっとするラストでよかった。
デトックスさせてもらい、すっきりー。
いい映画でした。