読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

預言カフェへ行って来ました

今日は受診のため、お休みをいただきました。

結果は骨には異常はないようで、ひと安心。

意外と待ち時間も少なく、脚の痛みも軽減してたので、病院でたままフラフラと気の向くまま…なんの気なしに線路沿いの道を高田馬場方面へ。

そういえば、預言カフェってこの辺りだな…と店の前をのぞくとまだ開いてなかったけれど、予約の紙が。ちょうど14:15〜がとれたので、ランチしてから訪ずれることにしました。

 

ランチは、気になってたロシア料理のお店へ。

ゆったりくつろげて、美味しかった。

 

f:id:evergreen114:20170228233816j:image

 

f:id:evergreen114:20170228233827j:image

 

そして、預言カフェに時間の5分前くらいに到着。すでに待ってる人で混み合っている。

赤と白が基調の明るく開放的な店内。

しばらく待って、名前を呼ばれて席に案内される。テーブルにはカフェのオーナーが書いた預言カフェの本とメニュー。意外とコーヒーの種類が多い。プレミアムブレンドを注文する。

ハンドドリップで丁寧に淹れてる様子が席からも見える。

 

預言てどんな感じなのかな、と周りを見てると、コーヒーをサーブしてくれるスタッフさんが椅子を持ってテーブルにやってくるようだ。

コーヒー飲みながら、ドキドキしながら待ってると、若い女性のスタッフさんがやってきた。

預言は録音するように言われ、スマホの録音機能セットして渡すと、いきなり早口で語り出す。質問もなく会話ではない。神からの預言。

3分ほどで終了すると、スマホを渡され、さっと立ち去っていった。

 

予約時に書いたカタカナの名前だけで、何の情報もないのに、何だか私の状況がわかっているような内容に驚き、励まされる言葉に涙が。。

あなたを見てますよ、応援しています、というメッセージのように思えた。

 

新しい扉を開ける勇気をありがとう。

導かれるように来てしまったみたいにも思える。タイミングってあるよなあ。。

 今日、ここへ来れたことへ感謝☆

そして、言葉の力をしみじみと感じてる。

 

f:id:evergreen114:20170301000324j:image