愛おしい日々〜明るいほうへ

金子みすゞさんの詩が好きです

触れること触れられることで癒される

今日は先日入門講座を受けた「セラピューティック・ケア」のスキルアップに参加してきた。

「セラピューティック・ケア」とは、英国赤十字社で開発された、手のひらを使い心身を癒すケア。

特別な道具がなくても、どこでもだれにでもできるのが魅力だ。

手のひらのあたたかさを感じることって、心地よい。ケアする側もされる側もやさしい気持ちになっていく。

 

参加者は年齢高めの女性が多い。

男性もわずかながら。

講座終了後にはボランティアで施術してよいことになっている、というのも受けたかった理由のひとつだ。同じ考えの人もいるんじゃないかな。

 

交代で様々なひとの身体に触れていく。骨格も肉のつきかたもちがう、ほんとうにひとりひとり全然違う。

 

ちょっと不器用なシニアの男性。

真っ黒に日焼けした、大きな手のひら。

何度教わっても間違えちゃうけど、一生懸命で可愛い。

朗らかで可愛げがあるから、教えてあげたくなっちゃう。

やっぱり愛嬌があるほうがいいよね(笑)

 

講師の先生が言っていた。

ケアするほうが癒されると。

させていただいている、という感謝の気持ちを抱きながら行なっていると、安らかな気持ちで落ち着くと。

私もその気持ちを持ち続けたい。

 

f:id:evergreen114:20160903185206j:image