読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体はどう動くように設計されているのか〜フランクリン・メソッド

骨盤底筋と股関節について、どんなアプローチが有効なのか?

興味があったのと「フランクリン・メソッド」ってどういうもの?って知りたくて、単発の講座を受けてきました。

 

骨の動き→筋肉の動き→繰り返された結果どうなるか?

普段無意識に行っている間違った動きで起こる変化、知ってると知らないとでは大きなちがいです。

 

フランクリン・メソッドでは設計どおりの正しい動きかたを学び、脳にイメージさせることで、実際に正しい動きに導いていき、トラブルを防ぎ身体をよい状態で長持ちさせることを目指しているものということでした。

 

講師の西山先生の実演をふんだんに取り入れた説明が、わかりやすかったです。

そして、実際に自分でも骨や筋肉を確認しながら動いてみたので、感覚がつかめました。

 

私、結構脚の筋肉は使っているつもりだったけど、骨盤が後傾していたので、間違った動きになった結果、違う筋肉が張っていたことに気づかされ。。本当に目からウロコがぽろぽろでした!

間違ったスクワットをしてました。。

手遅れになる前に気づいて良かったです。

 

f:id:evergreen114:20160828133634j:image

 

エクササイズのときは、骨を意識して動く、です。

そして、部分ではなく全体のバランスを観察すること。

すべてはつながっているんですね。

いい気づきをいただきました。