読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「私の何をあなたは憶えているの」小手鞠るい

”壊れた笑顔”って…わかるようなわからないような

そんな笑顔に出会ったなら、気になってしかたなくなるだろう、私も。

 

美しく哀しく儚い記憶を抱いて生きる3人の人生が交錯する物語。

物語の中の物語に導かれるように謎が解けていく。。最後に残された疑惑は残酷すぎて胸が痛くなるけれど

 

同じ時間を共有していたとしても、それぞれの記憶の中の想いはその人だけのもの。

愛する人の記憶してる自分の姿はどんなだろう?

ラスト3Pが特に好きで、繰り返し読みたくなる。

 

 

f:id:evergreen114:20160813212442j:image