愛おしい日々〜明るいほうへ

金子みすゞさんの詩が好きです

言葉と気持ちの間に

投げたボールが受け止めてもらえないまま
違うところから飛んできて
え!?何それって言う感じ。
思わず私も、違うボールを投げてしまった。

そうやって、すれ違って離れていくのかも。
悲しい気持ちをつよがりで隠してる。